1. シークレットな悩みも海外医薬品通販でスッキリさせよう   >  
  2. 医薬品通販の輸入ルート

医薬品通販の輸入ルート

パイロットの男性

海外医薬品はどのようにして購入者宅まで届けられているのか気になりませんか?その『輸入』に基づく流れと、法律で定められた仕組をひも解いてみましょう。便利さの裏には数多くのヒミツが隠されていたのです。

はじめにその輸入ですが、薬を海外から仕入れると聞くと、何かと怪しさを感じてしまう事は無いでしょうか。日々ニュースなどで目にする違法ドラッグ等の印象が、そうさせている気がします。しかし、海外医薬品の輸入は厚生労働省が定める『薬事法』という法律に基づいて行われているため問題ないのです。しかし、そのルールも少しやり方を変えるとれっきな違法に繋がるので気をつけましょう。

また海外医薬品通販サイトは、海外製薬会社と購入者間での仲介役として、その行程をになっています。個人輸入代行業者という役割を担っているので、その関係性と行程、違反になり得る具体例を挙げてみましょう。

まずは購入者が通販サイトで商品を選び決済をします。すると運営サイトである代行業者は商品代金を海外製薬外医者に送金するとともに、発注をかけます。海外製薬会社は代行業者から入金を確認後製造、梱包ののち、購入者宅へ商品が発送されるという仕組みです。

ここで気をつけていただきたいのが、悪質な代行業者です。法律では、運営サイト側が商品の在庫を抱えることを禁止ており、あくまでも購入者と海外製薬会社間でその手続きを代行するにすぎないのです。即日発送や一週間以内での発症が可能な業者はその疑いが強いので気をつけてください。

最後に最も見落としやすい点が購入者側にもあります。海外医薬品の購入目的はあくまでもその当事者によるもの。購入者以外に譲ったり転売する事は、法律で罰せられる可能性があるので注意が必要です。シークレットな悩みを解決させるには、まず安心安全な買い物から。あなたに合った医薬品との出会いで、生活が輝き満ち溢れる事となるでしょう。